建築現場の木材が濡れた匂い

雨が通り過ぎたあとの建築現場の木材が濡れた匂いが大好きで
子供の頃から湿っているのに香ばしい何とも言えない匂いに惹かれる。
今日も楽器を担ぎながら商店街を歩いてたら
少し雨が降る中、湿った香ばしい匂いがするんです。
もちろん僕は少しゆっくり歩いて深呼吸気味にそれを嗅ぐんです。
じゃあ、すれ違う五歳ぐらいの子供がお母さんに「この匂いなに?」と大声で聞く。
僕は耳を疑ったがもう一度大きな声で「この匂いなに?」と聞いているので確信した。
この子にもこの素晴らしき匂いがわかるのだと嬉しくなった。

坊や教えてやろう。
この匂いは創造途中に壁にブチ当たったときの大切な匂いなんだよ。
何かを造り上げるとき、必ず壁にぶち当たり、問題が起き、雨が降ることがある。
何事もなく快晴のうちに造り上げたものは、完成後に雨に流されることもある。
今、この建築途中の家が闘っている大切な瞬間の匂いなんだよ。
だから湿っているのに香ばしい匂いを嗅いだとき、がんばれって言ってやれ!



おやすみ
[PR]
by hisa_coff | 2010-01-29 00:29 | デイリー