初詣
f0037239_23521372.jpg

井草八幡宮が近所にあり、朝の雑煮の餅を消化させるためには、
よき散歩の距離だろうと正午あたりに家を出る。
参拝の行列に並びながら、親に連れられた子供たちがぐずったりする場面を見る。
たしかに何のために行列に並んでいるか、子供たちには意味がわからない。
子供には、そういうものなのだ と教えるほかない。
神の概念をうまく説明されても、「なんで?なんで?」と返されては、
大人はちゃんと答えられないだろう。
そんな大人もあやふやな感覚で親に連れられ初詣をしていたのだから。
僕ならどう教えるだろうか、
人間社会の中で一番ボンヤリしていながら、一番のよりどころである宗教は、
重要であり重要でない感じをうまく説明できるようになりたい。
僕はいつも通り1つだけ祈願し念を送る。
端から見たら、長い時間願うもんだからたくさん願っているんだろうと思われてるかも。
でも、僕は1つだけ長時間願うのだ。
寺でも神社でも教会でもこちらは変わらず1つだけ長時間願うのだ。
二礼二拍手一礼だとか、各参拝の仕方があるのでしょうが、
宗教がもっと精神的なものであるならば、その礼儀よりも願う本気度の方が重要である。
もしかしたら、さい銭を投げ込まなくても、
その場で土下座した方がいい感じがするかもしれない。


アレックス・ファーガソン監督は大晦日が誕生日で、今日は69歳になって初めての試合。
マンチェスター・ユナイテッドは、敵地ウエスト・ブロムのホームに乗込む。
結果はルーニーとチチャリートのゴールで2-1で何とか勝てた。今も今季無敗を守っている。
ギリギリ勝てた試合だったけど、何とか首位でもあるし、よかったよかった。


僕は明日から始動しよう。
飢えてますから。毎日、感動してやる。

僕が願わなくても、幸せでしょうけど、
今年も、皆様の幸せを願っております。

おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-01-02 00:45 | デイリー