見る、抱く、追いかける

夢を、見る、抱く、追いかける と言うがそれぞれ思いや距離感が違うような気がしたな。
僕の中でも活動的でないときは、夢を見ると認識してるような気がする。
夢を追いかけると言うのは、もっと活動的で若々しくパワーを感じる。
夢を見ると言うのは、睡眠中に見る夢との区別をあやふやにしてしまいそうな気がするな。
抱くと言うのは熱意は感じるし、大切にして温め引き寄せてる感じもする。
「見る」と言うのは、どこか距離が遠く感じる。
今、夢を追いかけているのか?ただ見ているのか?自分に問うてみる。
もしかしたらそこまで活動的ではないかもしれない。
言葉の概念の区別をしっかりともっていたいと思った今日でした。


僕らにとっての「走る」は、中国では「歩く」だそうです。
昔は同じ意味で「走る」だったけど、今は「歩く」になっているそうです。
今、中国で「走る」は「跑」と書くそうです。
僕らは走っていたつもりが、中国から見れば歩きに見えていたのかもしれないな。

もう少しがむしゃらに走ってみるか。
おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-01-12 23:51 | デイリー