どれだけ奥まで届いたか が気になるところなんだよ。

朝、キッチンを見て「これでは、いかん」と思い 片付ける。
昨夜寝付きが悪かったのは、このわだかまりのせいだったと思う。
もう1つは、最近ベッドの隅にブックスタンドが必要なほど本を置いている。
このせいでいつの間にか朝に近付いているのだ。

大切な用事を午前中にすませてから、
素早く昼飯をすませようと あるファストフード店に入った。
レジに並ぶサラリーマンの混雑の波が静まってから僕が注文すると、
店内は昼時と言うのに僕と2組の客だけになった。
アルバイトの女性がカウンターで待っていた僕にランチを持ってくると、
嵐が去ったあとの余裕なのか、店内に流れている
毛皮のマリーズの「愛のテーマ」に合わせて鼻歌を歌い出した。
さり気なくて無意識に体から鼻歌が出てきたようで、とても微笑ましかった。
このように音楽が無意識なところまで染み込んでいることで、
今、音楽の在り方が大変だけれども本質は変わってないと思うわけです。

スティングもポリスを解散してずいぶん経ったある日、
ホテルの廊下でアルバイトの少年がポリスの「見つめていたい」を
鼻で歌いながら掃除していたのを見て、自分の音楽が伝わったと実感したらしい。

本当はどれだけ広まったか ではなくて、
どれだけ奥まで届いたか が気になるところなんだよ。


おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-11 00:15 | デイリー