シャリ

今日は、夕方のリハーサルまでオフだった。
都知事選の期日前投票に行ってきた。
練馬区役所近くの横断歩道で赤から青になるのを待っていると、
腰が折れたおじいさんが僕の左斜め前を通り過ぎながらガムを吐き捨てた。
おじいさんでもこんなことするんだと思いながら、
吐き出された白いものをチラリと確認したならば、米だった。
高級なお寿司屋さんのシャリぐらいの大きさだろうか。
吐き捨てたにしては大きいし、シャリにしては小さい。
ちょうど僕なんかは行けやしない高級なお寿司屋さんのシャリだ。
もし本当に高級なお寿司屋さんのシャリを吐き捨てたとするならば、
このおじいさんは相当グルメなのかもしれない。
こんなシャリ食えるか!と吐いたのか?
もしくは、口に含んだまま店を出て、この横断歩道で吐いたのか?
後者だったら少し寿司職人への気遣いも感じる。

が、汚い!
僕の前で吐くんじゃねえよ、じいさん!
[PR]
by hisa_coff | 2011-04-02 00:30 | デイリー