僕、誕生日でした。39歳、感謝の歳です。ありがとう!
f0037239_22401636.jpg


子の誕生に夢中になっていましたら、今日は僕の誕生日でした。
39歳だなんて!感謝の歳ですな。とにかく今までの全てに感謝したい。

今日は、朝から鼻水がヒドい恒大郎を病院に連れてって、
その後、居候していた妻の実家から荷物を車で運んで、
街にある唯一のカフェらしき店でランチにパスタでもと考えていたが、
新居に荷物を運んだと同時に、今から空調取り付け工事をしたいと連絡入る。
僕の予定では、荷物を運び終わったら妻子を迎えに行き、
新しい生活のスタートのつもりでしたが、空調取り付けの工事のおっさんがやってきた。
暖房器具がなかったので凄く助かるのですが、明日でも嬉しかった。
工事開始して、口笛を吹きながら秋晴れの仕事を楽しんでいる。
「ちょっくら店に戻ってきます」と言っては軽トラで走って帰るおっさん。
結果、工事の途中に3度も店に帰り、午後4時前に工事が終わる。
このタイム感は都会には絶対ない。
お湯はボイラーで沸かすため灯油の配達を昨日 ガス屋さんに頼んでたのですが、
時間指定はしないでください的な雰囲気で注文を受けていた。
良かれと思って「×時頃には いますので。」と言ったのですが、
「時間はいいです。ちゃんとアレしますので。。。」的な感じだった。
この時の「アレ」は ぼんやりとしながらも向こうの都合もうまく入り込んでいる。
ちゃんと空調の工事中にガス屋さんは来て灯油をタンクに88リットルも入れて行った。
88リットルって!

ま、昼飯抜きでおっさんと2人きりで新居でしたが、夕方、ケーキを買いに行く。
街唯一のケーキ屋さんは、山を越えて行かないといけない。
合併したため、以前は隣町のケーキ屋さんだったが、
今は、我が街のケーキ屋さんでして、それでいながら山越え谷越え行かねばならん。
不便なように思うけれどもシンプルで行動に迷いがなくなる。
都会のように情報に埋もれることなく、太い情報だけがやって来る。
下を向いて携帯をいじっている若者も少なく、頼もしく思う。

恒大郎も明日で7ヶ月。
いまだに女の子に間違えられますが、僕もそうでしたから心配はしてない。
最近は、両サイドのこめかみにある髪の毛を掴んで頭突きをしてきます。
抱いているときは、たいがいベルトのバックルに足を引っかけて立ちます。
マイケル・ジャクソンの「ビリージーン」で腹かかえて笑います。
女性にはすぐ笑顔を見せます。男性にはまったく興味無し。僕は別格ですが。
とにかく激しくテンションが高いです。
色々なプランを用意し子育に気合いを入れていたが、
このテンションでずっと過ごされると、そんなプランなんてなんの意味ももたない。
出来ることは、ずっと抱きしめて「愛してるよ」って言うだけ。
ま、金はないけど、愛だけはあるからさ。

今日も恒大郎がケタケタと爆笑してたので素晴らしき日になったのだと思う。
今日、僕が生まれてよかった。恒大郎が生まれたのですから。
[PR]
by hisa_coff | 2011-10-20 23:50 | デイリー