ありがとうございます。
昨日から何度も考えた。誰の事を優先して誰のためにどんな言葉を掛けようか?
何度も書いて何度も消して結果この時間まで考えた。結局、誰にも何も言えない。
クリンゴンが世界一素晴らしいバンドと言う事も、皆さんからのメールやコメントを読めばすぐわかります。
ホントありがとうございます。
何書いて、どう言ったら良いかわかんないけど、クリンゴンが休止したことでみんなとの関係が崩れてしまうという事が、何より一番怖い。
僕が曲を書くことが出来なくなって、曲を出す事も怖くなって、反応を見るのも怖くなってさ、クリンゴンがギクシャクしたんだと思う。一番大好きな作曲が自分の中から無くなって行くと光を盗られた感じがするし、暗闇でどう生き甲斐を見つければ良いのか・・・。「僕だけのせいだ!」なんて、うぬぼれた事も言いたくない。バンドだからメンバー全員に失速の原因はあるし、クリンゴンへの愛情が試される時だった。でも、僕は作曲恐怖症からは立ち上がれなかった。ごめんなさい。
僕はね、1/4丸尾エイドが湿っぽくなくて満足してる。もしみんなが涙でも見せようもんなら、その場に崩れ落ちてるよ。お客さんでも誰かから聞いた人もいたみたいで涙をこらえながら見てた人もいたけど、僕はその涙を見なかった事にした。鬼にして、いつものライブ、いつもの高円寺って思って一生懸命にやった。丸ちゃんやコバッチもシゲも最後じゃない感じで頑張ってたし、良い演奏でした。
家に帰って崩れ落ちた。大人になってヒクヒク泣いたのは初めてかもしれない。自分に隠していた本当のクリンゴンの大きさが津波のように押し寄せて、溺れて、流されるままに泣いた。

でもね、いっぱい泣くとね、お腹がすくんだよ。
そしてご飯食べるとね、元気になるんだよ。
悲しい事はあるけどね、その時から僕は新しくなった。
一人で歌って強くなろうと決めた。
すると、曲が昔のように泉のように湧いて来た。
自分の事だけ考えれば本当に曲が書けるようになって良かった。
クリンゴンの時にこんな風になれたら・・・・って思うけど、それは違うと思ったし、ゼロになれたから、こんな風に思えるんだと思う。
たぶん、丸ちゃんやコバッチも悲しいけど新しい気持ちになれたと思うし、歩き出してると思う。
だから、みんな存分に泣いて元気になって、新しい気持ちになって、次の再会まで頑張ろうよ。

何が書きたいのか、誰に言いたいのか、結局わかんない。ごめんなさい。

でも、休止中をしのぐだけの曲は書いたつもりだし、心に残る歌詞を書いたつもりです。
強くなるので、待っててください。
f0037239_18115021.jpg

今日も目黒通りはいつも通り。
[PR]
by hisa_coff | 2006-01-12 17:36 | デイリー