<   2011年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
今日、僕のPDN2が発売されました!

f0037239_2263351.jpg

僕、木村ひさしの「PRIVATE DEMO NOTE 2」が今日発売されました
http://n-a-u.jp/music/nau00065-kimurahisashi.html
らくがき的で詰めは甘いですが、良い曲です。
ぜひ、みなさま、聴いてくだされ!

[PR]
by hisa_coff | 2011-02-28 22:16 | デイリー
今、日記を消してしまった。

今、日記を消してしまった。
ま、こんな日もある。
今夜 言いたいことは、
流れて行ってしまった。
ってことは、「何も言うな」
ってことかもしれない。
じゃあ、そうしよう。
僕は今夜、何も言いません。
おやすみも。。。


▼3月4日(金)代官山 晴れたら空に豆まいて
『月明かりを探して』
出演:千綿偉功 / ラブハンドルズ / 木村ひさし

open 18:30/ start 19:00
前売り/¥3000 当日/¥3500 (1drink別)
【お問い合わせ】晴れたら空に豆まいて 03 5456 8880
Clingon木村ひさしinfo【hisa_coff@excite.co.jp】でもチケット予約できます
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-27 23:43 | デイリー
今日は岡本太郎さんの100歳の誕生日だったね。あ、もう昨日か・・・。

今日は岡本太郎さんの100歳の誕生日だった。
この人に何度も救われ自信を持たせてもらったか。
自分をみくびらず、恥じず、ごまかさず、
自分と平気で戦う面白さをわかりやすく教えてもらった気がする。
誰もが自分の人生に興奮をしていたいのだけれども、
まわりとの馴れ合いの中で自己に興奮し浮いてしまうことの恥じらいは、
隠し切れないだろうし、自己に集中していることが自己中に見られたりもする。
でも、自分の人生を興奮するものにしようと言う強い意志は、
他人の人生の面白さにも気付ける気もするのです。
自分と同様に素晴らしい人生を送ろうとしている人々ばかりに思えるわけです。
そこは「誰もが希望を持っているのだ」と言う希望も込めてそう信じていたいのだ。

勇気がなく自分を押し出せない時は、
勇気がない自分をそのまま押し出せばいい。
緊張してどうしようもない時は、
緊張した自分をそのまま押し出せばいい。
逆に自信がある時は、自信があることなんて忘れて、
今生まれ変わったかのような新しい気持ちを押し出せばいい。

プライドは内向きに!
外向きにプライドがあるのは、
結局、外面のよさを気にしていること。
プライドは内向きに!




おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-27 03:37 | デイリー
遅ればせながら「スタンド・バイ・ミー」を見た。

遅ればせながら「スタンド・バイ・ミー」を見た。
12歳のころのことを克明に記することは12歳児には難しいけれども
フィクションであっても 12歳児が書いたような心の中のリアルさに感動した。
皆持っている少年のころの大人への不思議や憧れは、
大人になっても消えることはなく、
少年がまたその矛盾が生じた大人を見て、
不思議を感じ、また憧れるのかもしれない。
と、すると、結局、大人になれる人間はいないのかもしれない。

本当に素晴らしい映画だった。


おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-25 23:33 | デイリー
池袋のホームから山手線に乗り、

池袋のホームから山手線に乗り、
発車と同時にドアの上にある液晶モニターを見上げると
「マルセイユ、マンU封じる」と言う見出しで、
ギグスが眉間にしわを寄せながらボールをさばいている写真とともに
チャンピオンズリーグの試合結果をニュースしていた。
今月の楽しみの中でもかなり上位だった今朝行われたチャンピオンズリーグの
試合結果をこんなタイミングで知ってしまう。
生中継を見なかった僕も悪いのですが、正直このタイミングはダメですよ。
たぶん、そのニュースが気がかりだった人は山手線にどれほどいたのだろうか?
そのニュースを一番大切にしていたのは、たぶんあの瞬間、山手線で僕だけじゃなかろうか?

早朝から情報を遮断し、19時までがんばったと言うのに
帰宅時の電車の中でその日、いや、今月一番大切にしていた情報を
変な形であっけなく知ってしまうのですから、心もなえますよ。
確かに電車の中のニュースなんかは、暇つぶしになりますが、
楽しみをつぶされた場合、何とも言えん気持ちになる。
「あんたんとこ、それほどマンU興味ないでっしゃろ?」
と嫌味も言いたくなります。


でも、今朝の満員電車の中では素敵な光景も見たのです。
満員電車の中、紺色の丸い帽子と制服を着、
ランドセルを背負った小さな小さな女の子がいた。
この子にもたれかかってはいかんな と思い、
必死に彼女のスペースを開けようと吊革を持ちながらプルプル震えていた。
もの凄い満員の中、彼女の空間は確保されているのが不思議で
辺りを見渡したならば、僕以外にも3人ほどプルプルと震え、
彼女を押しつぶさぬように耐えてる3人の男の人を見たとき、
都会も捨てたもんじゃないなと嬉しくおもったとこだったのですが・・・。



おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-25 00:05 | デイリー
ポルナレフ・・・・

ミッシェル・ポルナレフが66歳でパパになったことを
年始にブログで少しふれたのですが、あれは違ったようだ。
ポルナレフがFacebookで「私の子供ではなかった」と告白したらしい。
その27歳の恋人とその子供は、ポルナレフの目の前から姿を消したらしい。
残念だ。


来週は、PRIVATE DEMO NOTE 2の発表です。
みなさま、おたのしみに!

そして、
▼3月4日(金)代官山 晴れたら空に豆まいて
『月明かりを探して』
出演:千綿偉功 / ラブハンドルズ / 木村ひさし

open 18:30/ start 19:00
前売り/¥3000 当日/¥3500 (1drink別)
【お問い合わせ】晴れたら空に豆まいて 03 5456 8880
Clingon木村ひさしinfo【hisa_coff@excite.co.jp】でもチケット予約できます


おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-23 23:50 | デイリー
おやすみ

珍しく時間が欲しいと思た。
素っ気ないですが、寝させていただきます。

今日は青空の下でおにぎりを食べた。
おにぎりを食べたんだよ。
凄く美味しかった。
コンビニのヤツでしたけど、青空だもの。


おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-23 00:33 | デイリー
難しいは、面白い

鶴見和子さんは、死ぬ前に「死ぬのは面白いわね」と言ったらしい。
妹さんの見解は、面白いを難しいと置き換えれば凄く理解できると言っていた。
生前、「難しいは、面白い」と言っていたらしく、
難しいことこそ、わからないことこそ面白いのだと言っていたらしい。
本当の死の直前に面白いと強がったわけじゃなく、難しいと実感したのだ。
そう言って哲学者で兄の俊輔さんと病室で笑い合ったらしい。

なんでも「こんなもんだろう」なんてわかったフリをしてしまうと
たちまち生きていることに飽きて面白くなくなってしまう。
最大の不思議、なぜ生きているか?を毎日問うていれば、間違いなく毎日面白い。
死ぬことが面白いならば、生きることもまた面白い。
毎日違う瞬間がやって来るから面白い。
同じ毎日、同じ瞬間にしてしまっているのは、
それは人間が持つ不安から逃れようと見つけ出した安定への憧れが、
日々の繰り返しを作り出してしまったのだと思う。
もう、僕らは安定も捨て、そして不安と言う幻想も捨てなければならない。
今あるこの瞬間に開き直って受け止めてその不思議を楽しめたら最高なのだ。


おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-21 23:56
何の対策もせずに待ち構えるのが、僕の対策です。

少し調子悪かった。
風邪っぽい。
もしくは、花粉で鼻炎?
今年の花粉は凄いらしいから気合い入れておかなくちゃ。

杉はすぐに育つから林業するのに最適で
日本はたくさん植えたんですよね。
山の道を走っていると綺麗に杉が並んだ山ばかりが目につきますが、
あれは自然とそうなったわけじゃなく人間が植えたんです。
でも、海外から材木を輸入するようになって、
たくさん植えた杉が用無しになっちゃって、
たくさんの花粉をまき散らし、花粉症の方々を悩ませつづける。

で、杉を伐採するとなると、エコの話を持ち出す人もいる。
マイ箸もいいですが、もう少し杉を間引いて、
その分、大昔のように割り箸にして使ってはどうかと。。。
今や割り箸でさえ輸入してそうですもんね。

今年も苦しい季節がやってきますが、
毎年 何の対策もせずに待ち構えるのが、僕の対策です。

おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-21 01:00 | デイリー
おやすみなさい。

今日もがんばった。
そして感動もした。
毎日 心がギュッとなる場所にいられることは、
もしかしたら最大の幸せなんじゃないだろうか。
なんて思う。

今日は疲れた。
明日が来る前に寝ます。
おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-02-19 23:31 | デイリー