<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
「PRIVATE DEMO NOTE」は おやすみさせてくださいまし #naujp
申しわけございません。
いろいろありましたさかいに
今月末の「PRIVATE DEMO NOTE」は
おやすみさせてくださいまし。
次回は充実したNOTEをお見せしたいとおもいます。
http://n-a-u.jp/artists/clingon.html
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-31 22:29 | デイリー
クリンゴンリハーサルでした。
f0037239_0192183.jpg

リハーサルの度に気が引き締まるクリンゴンでございます。
あの曲とあの曲のリハもしっかりやってみた。
来週のライブもまた過去最高と言わせたい!
☆歓喜を約束するクリンゴンです!
6月5日(日)代々木 Zher the ZOO
「forever young」
出演:Clingon / PLECTRUM / acari

開場18:30 / 開演19:00
前売り2500円 / 当日2800円(ドリンク別)

Clingon木村ひさしinfo【hisa_coff@excite.co.jp】でもチケット予約できます
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-31 00:27 | デイリー
おやすみなさい。

我がマンチェスター・ユナイテッドはバルセロナにこてんぱんだった。
何も出来ずに試合が終わって行く虚しさ。
選手本人たちはもの凄く屈辱だろう。
現役最後のゲームが三失点で終わってしまうファン・デル・サール。
シュートを一本も打てずに終わった若きストライカー、チチャリート。
献身的なハードワークが虚しくも写るパク・チソン。
マンチェスター・ユナイテッドは強いはずなのに、
こんなにも何も出来ないなんて近年見たことがない。
これに区切りをつけてファーガソン監督が辞めてしまったりしないよね。
ルーニーもどこかへ行ったりしないよね。

対外的な出来事で悔しい気持ちなんて僕の中に芽生えないのだけれど、
今朝の試合を見て悔しさが沸いてきたと言うことは、
僕自身もマンチェスター・ユナイテッドの一員なのだと確信した。
一日中の雨もまた「しかたがない」なんて思えたのだ。


明日は晴れるといいね。
おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-29 23:08 | デイリー
以前の四本足四本手二つの顔の姿の自分に戻ろうとしているのかもね。

喜劇作家アリストファネスの話では、
始め人間は四本の足を持ち四本の手を持ち二つの顔を持っていたらしい。
ちょうど今の人間ふたりが背中合わせでくっ付いた感じで、性別も3つあったそうだ。
太陽の子「男+男」と地球の子「女+女」と月の子「男+女」の3つの性別があった。
あまりにも人間が力を持つものですから神ゼウスが弱らせてしまえと、
稲妻で人間の体を二つに切り裂いて、現在の二本ずつの手足を持つ人間の体になった。
人間を絶滅しても良かったが神を崇める熱心さもあったので半分に切り裂くにとどめたらしい。
だから、生まれながらにして、僕らは欠如しているという。
背中にくっ付いていた自分を求めて恋愛をするのだと言う。
異性を求めるのは、「男+女」だった人なのでしょう。
「男+男」と「女+女」が引き裂かれたならこの方々は同性を愛するのでしょう。
と、言うことは、2500年も前から同性愛は当たり前だとされたのでしょうね。
話の中では、切り裂いた背中の方に顔をひねって それを前とし、
切り裂いた傷口をしぼって縫い合わせたのがヘソだと言う。
ヘソはもうひとりの自分がくっ付いていた傷跡だと言う。
僕らが抱き合うとき、ヘソとヘソをくっ付けるように抱き合うのは
以前の四本足四本手二つの顔の姿の自分に戻ろうとしているのかもね。

それでも、力を持つのならゼウスはもう半分に人間を切り裂くつもりらしい。
1つの目で1つの足で1つの手で1つの耳で生きなければならん。
そうなると自分を何人求めて恋愛をしなければならんのでしょうか。。。

生まれながらにして欠如している僕ら人間は、
生まれながらにして欲求が溢れ出していて、それによって生きている。
生まれながらにして求めてしまう定めなのでしょうね。
切り裂かれていなければ恋愛や求愛と言う概念などもなかったかもしれない。

求め過ぎる自分に気付いてこの神話を思いついたのなら素敵だな。
求めてしまうことについて どうしようもない理由があるのだと、
この神話を話せば「なら しょうがない」ってなるよな。
ん、ならない。。。か。。。
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-28 21:44 | デイリー
ゾマホン 目薬!

あまりテレビ番組で笑わなくなってしまったのですが、
昨日だったか、クイズで千原ジュニア氏が答えた「ゾマホン 目薬!」で笑てもた。
ビートたけし氏のモノマネで多いのは?と言う問題だったとおもうけど、
「ゾマホン 目薬!」は腹痛い。


昨夜イングランドプレミアリーグの最終節でした。
マンチェスター・ユナイテッドはホームで勝ち、
試合後、リーグ優勝のセレモニーもした。

キーパーのファン・デル・サールは、今季限りでサッカー界から身を引く。
2年ほど前、奥さんが脳出血で倒れながらもずっとマンUのためにがんばっていた。
でも、家族のことを大切に過ごしたいと言い、オランダに戻るらしい。
当然、介護などの重い理由もあるとおもう。
だから、最終シーズン、優勝で飾れて本当に良かったとおもう。
そして、ファン・デル・サールの最後の試合は
5/28の夜中にキックオフするチャンピオンズリーグ決勝です。
相手はFCバルセロナですが、マンUは怯むわけにはいきません!
このチャンピオンズリーグでも優勝できれば最高でしょ。
素晴らしい引退試合になるんじゃないだろうか。。。。
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-23 23:12 | デイリー
山ガール

以前、知人女性が「森ガールっぽいね」と急に言われて出して不服そうだった。
ずっと何年も今後もかわらないだろうセンスで服を着てきたのに
急にファッションのカテゴリに入れられて川の中に流されたのだ。

昨日、ホームで電車を持っていたら、
目の前のファッション雑誌の看板に「山ガール」がどうたらこうたらと書いていた。
山登りをするときの可愛いファッションを紹介するのだろうが、
山登りまでファッションの川に流されたらたまったもんじゃない。
来年には山登りをしていると「古い」と言われる。
先端が気になる人なんかは、もう「古い」と感じているかもしれない。
昔から山を登ってきた人は、「山ガール」と言う言葉を歓迎しているのだろうか。
可愛い山ガールになっても登るときは己との闘いでありますからね、
山のふもとでフニャフニャと自分のファッションに満足しているだけではないだろう。
ファッションだけで山を登らないなら「麓(ふもと)ガール」でもいいかもね。

そのうち「空ガール」「海ガール」なんて出てくるのでは。
林ガールは、森ガールの小規模な感じかな、ふわふわした妖精度数が低い感じ。
薮ガールは、林ガールよりももう少し小さく、公園などにもある薮などを差す、
「薮の中で何をする?」がスローガンだろうな。
枝ガールは、良質の材木を育てるために枝打ちされた枝を差す。
なんとも捨てられた感が強い。
だから男性に捨てられたときに「あのこ枝ガールじゃね?」と使いたい。
樹海ガールは、思い詰めて辿り着いた感があるので、迷っている感じだろうか。
素敵な雰囲気ではないのは確かだ。
芝ガールは、ピクニック好きや公園好きで、
青空の芝の上でブランケットを敷いてサンドウィッチでランチ。
と、行きたいところだけれど、サッカー好きでいて欲しい。
しかもイングランドサッカー。
もう、ファッションではないけれども カテゴリを作ってはめ込むことは楽しいね。
僕ら人間のクセですからね。
知っておくために言葉を作りそこにはめ込む。
人間の知らないことは、言葉を作ってはめ込めば成立する。
だが、ソクラテス的には、僕らは何も知っちゃいない。
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-22 11:52 | デイリー
ただ、本を読んでただけの休日でした。

今日は、単身生活がはじまって初の完全なる休日。
朝から図書館に行き、3冊ほど本を借りて、
生協で買い物をして、散歩がてら遠回りしながら正午前に帰ってきた。
それ以後は、本を読みながら 緑茶→ゆず茶→アールグレイの順でお茶をした。
17時半ごろ、夕焼け小焼けのサイレン的なメロディーがどこからか聞こえる。
これがまた寂しさを誘うのね。
しかたなく、またギリシャ哲学の本に集中する。
老子の本も借りてきた。おもしろそうだ。
ただ、本を読んでただけの休日でした。
早めにベッドに入って、本のつづきを楽しみますわ。

おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-20 23:19 | デイリー
自分の名前すら忘れてしまいそうなほど夢中になれました。

ありがとうございました。
自分の名前すら忘れてしまいそうなほど夢中になれました。
そう簡単に人前で夢の中に入って行けないのは
目の前の人を置いてきぼりにする可能性があるからなのですが、
そんなことを気にする程度の意識で夢の中に足を突っ込むのは無責任な気がして、
どうせなら異次元にいるほど集中し夢中になった姿をお見せしたいと いつも挑戦しています。
今夜も夢中でした。ありがとうございました。


ホーキングさんが、天国や死後の世界はないと最近言ってました。
コンピュータが停止するように人の脳や体も同じよう停止する
そんなような その後に何もないことを言ってました。
もしかしたら、今、僕らが生きているこの瞬間やこの生活を
天国や地獄にするべきじゃないのかとバスの中で考えてみました。
大人になれば辛いことを避ける知恵を持ち、
嬉しいことを素直に喜ばず心を制御することが出来るようになる。
自分の歴史から以前あった知っている感情に出会っても驚かず慣れてしまっている。
小さな感情は摘み取らず不感症のように頑丈になってゆく。
悲しみに耐えずに地獄に落ちたかのように落ち込んでも良かろう。
喜びは人目を気にせずに天国にいる気分になっても良かろう。
この一歩が天国と地獄にわけてしまう一歩なら、
その一歩こそが生きている瞬間を味わえる一歩なのだ。
「イエス」と「ノー」を聞くのが怖いからと言って、
一歩を出せなかったら天国へも地獄へも行けないかもしれない。
そのどちらかに振り切った時の感情こそが生きていると言うことですから、
それを含めて楽しめたらば最高の人生になるかも。
死後の楽しみを今楽しめばいい。
天国に行くのが夢ならば、生きている間に夢を見ればいい。
生きている間に天国のような喜びを探せばいいのだ。
不感症になっているのならば、まずそれを治さなければ。。。。



今夜は珍しく丸尾が見に来てた。やたらと感動して帰って行った。
僕は丸尾と一緒に演奏しない時も何もかわらず奮い立っているところを見せれてよかった。

おやすみなさい。
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-20 01:28 | デイリー
明日は木村ひさしソロです。ぜひ!

宝塚劇団が大好きな女性がいて、
あまりにも 結婚したい結婚したい
と連呼するもんですから、素直にひいた。
感情を表し過ぎて押し付けてくるのです。
自分のイライラに気付き、僕に聞いてきました。
「私って短気なんです。どうしたらいいですか?」と。
たぶん、こんな答えを望んでるんじゃないかとおもって言ってやった。
「人間は、短気と気長を自然と使い分けている。
安心してください、どっちかに偏っていることはないですよ。
ある時は気長で、ある時は短気なのです。」
と、言うと嬉しそうに短気な自分を抱きしめるような表情を浮かべた。
だが、僕は言えるのだ。彼女は短気だと!


明日は、必ず感動していただけるとおもいます。
大人気無く渾身の力で演奏したいとおもっております。
明日は木村ひさしソロです。
▼5月19日(木)渋谷 7th FLOOR
「tokyostyles」
出演:菊地佑介(plane) / 綾部健司(U&DESIGN)
/ 木村ひさし(Clingon) / 蜜


open18:30 start19:00
前売¥2,300 当日¥2,800 (共にドリンク代別)
【問合せ】渋谷 7th FLOOR 03-3462-4466
Clingon木村ひさしinfo【hisa_coff@excite.co.jp】でもチケット予約できます
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-19 00:21 | デイリー
サヨナラミルク

空港でどこまで見送れるのかと気にかかりながら、妻子のチェックインに付き合ってたら、
保安検査したならばゲートラウンジまで行けますよ と僕が伺う前に察して教えてくれた。
察することが出来るくらい僕の顔は何かを訴えていたのかもしれない。

産後、妻の心がシビアになるのは予想は出来ていた。
それは一度 流産しているからだ。流産し、彼女は女性として自信を無くした。
それを励ますが、僕も自分が男性として働いているのだろうか と自信を無くす。
だから恒大郎がお腹にいる間中、ずっと張りつめた心で過ごしていたのだ。
僕でさえそうだったのだから彼女の心はパンパンに張っていたに違いない。

もしかしたら流産を経験し、怖くなり子を諦めた人もたくさんいるかもしれない。
流産の多さもまた僕ら男性は何も知っちゃいない。
万が一だと思っていたけれど、よく考えてみれば僕の家系にもたくさんいる。
表で話すようなことではないだけにどれくらい多いのかわからない。
表で話さないことだけにひとりで抱え込んで悩んでいる女性や夫婦も多いだろう。
次は大丈夫か と、妊娠中怯えながら過ごせば、また流産する可能性も高くなる。
女性の苦悩をすべて知ることは出来ないにしても、
お産は女の当たり前の仕事だ などとエラそうに男どもは言ってはならん。
例え子が出来なくとも それ以前に目の前の女性を尊うべきだ。

同じように経験し、悩んで怯えている人に、乗り越えられることを知ってほしい
と、妻は言っておられました。
ので、流産と言う言葉を使うこと了承済みです。デリケートな問題ですから・・・。


空港で サヨナラミルクをさせてもらいました。
僕の中指を持つ手が小さな恒大郎さん。
f0037239_19544938.jpg

さ、がんばるぞ!
[PR]
by hisa_coff | 2011-05-17 22:14 | デイリー