青空リハーサル!
f0037239_17301793.jpg

青空リハーサルでございます。
多摩川の河川敷で3人集まってリハーサル!

いや〜〜〜楽しい。

スタジオでこもってリハするより、心が洗われる!
わざわざ、暑い中ご苦労さんって思うでしょうが、
わざわざ、やる必要はあるね!脳内麻薬の分泌量が違うはずだ!

あと、電気楽器が無いことで、何処でも音が出せるのも魅力!


上の写真は、左から浅見トマルくん、加藤雄一郎くん、ボクです。
ボクのソロ活動を支えてくれる優しい二人です。


ブログでちゃんと紹介してないから紹介します。

浅見トマル

実際はドラマー。カホンを中心にパーカッションを担当してくれます。
出会ったのは、大阪心斎橋のクアトロの楽屋。7年くらい前、いや8年???わかんないや・・・ボクがイベント(その頃はClingonで出演)に出てた時、裏の楽屋に入れる関係者用のエレベータで無関係のトマルくんが登場した。第一印象は「日本にもバックパッカーがいるんだ。何処から来られたんですか?」って感じで、大きなバックパックを背負って現れた。その時は沖縄からヒッチハイクで東京まで帰る途中立ち寄ったそうだ。田中良太くん(ClingonでPerを手伝ってくれたボクの地元の凄い人。カホン作るのが上手い。写真のカホンも良太作。)に紹介されてドラムをやってることを知り、大阪の十三にあるカフェでハシケンさんのバックで叩いてるのを見に行ったのを覚えてる。

少し経ってからボクは上京し、近所に住むことにした。東京に出てすぐくらいかな?トマルくんのお見舞いに病院に行ったことを覚えてる。彼は片方の足をギブスで固められ痛々しいカッコをしながらレコーダーを部屋に持ち込んで作業をしてた。屋上でなんやかんやと今後の夢なんか話ながら「いつか、一緒に出来たら良いね。」って言ったおぼえがある。

その後はClingonもすぐデビューして、トマルくんもベイビースターズでデビューして互いに忙しくなり、会うことも少なくなった。でも、不思議なことにお互い引っ越しても凄い近くに住んでる。

薦められて読んだ本が1つあってパウロ・コエーリョの「アルケミスト」なんだけど、トマルくんが「前兆を信じてる。」って何度も口にしてたのも覚えてる。彼と出会ったことを前兆と考えれば、何度も一緒にするタイミングがあったのにしばらく会うこともなかった。でも、去年おかしなところで会うことになる。誰かのコンサートに招待され、珍しくボクは腰を上げて電車を乗り継いで会場まで行ったら、信号向こうで見た顔を発見。久しぶりの再会で、ボクはアルケミストを思い出した。その時、ボクは初めて「前兆」に気付いたんじゃないかな?

その後、彼も前兆に気付いたらしく、連絡があった。それから女性アーティストのバックバンドを一緒にやったり、仕事で会うことも多くなった。今年2月にwanicoffと言うユニットを始めたのもこの前兆が無ければ今は無かったかも。

もっとおかしな話は、ボクは、おおはた雄一くんのギターをずっと昔から持っている。おおはたくんとは面識はなく、でも、まわりまわってボクの部屋で数年間も彼のギターは眠っていた。そして今年Clingonの活動休止でソロでの活動を始めた。ボクはピアノじゃなくギターで歌うことも始めて、部屋で眠る彼のギターを使い始めた矢先!トマルくんはボクにこう言った。

「おおはたくんのサポートを始めることになったんだ。おおはたくんがね、”僕のギターをClingonの人が持ってるって聞いたんだけど”って言ってたよ。木村くん持ってる?」

ボクは応えた
「うん、しっかり持ってるけど、使わせてもらってる。おおはたくんによろしく伝えて!」ってね。
驚いた!繋がって行く様は解けるより難しいと思ってたのに、いとも簡単に繋がって行く。


トマルくんとは音楽の解釈も同じだったのもビックリした。ボクは数字で考える。1=Cで2=Dってね。キーが変われば数字の置き場所も変わる。ボクは昔からそれで考えて、後からコード譜を作成するんだけど、トマルくんにはキーを伝えて数字の書いた譜面を渡せば理解してくれるんだ。これは非常に助かるし、通訳いらずだ。

ホント、年下なのにお兄ちゃん的な人だよ。



加藤雄一郎

Saxを担当してくれます。
加藤くんと出会ったのは、秋葉のライブハウスでイベントに出てたら、残像カフェでSaxを吹いていた。演奏が物凄くて強烈だった。歌を知ってる素晴らしいプレーヤー!一昨年くらいからClingonに参加してもらって一緒に演奏するようになった。地方へも何度も付いて来てくれて、物凄くお世話になった。そんなわけで代表招集することにした。

今は、NATSUMENのメンバーで活動してて、こないだのフジロックとROCK IN JAPANにも出演してきたそうだ。羨ましいっすよ。
ソロアルバムも出してるから買ってやってください。曽我部恵一さんも一曲歌ってますよ。
http://www.ongakudb.com/contents/package.aspx?code=00000629794

優しさって言葉はこの人のためにある!

誰もが保証する彼の人柄は、Saxにも出てる。ホント気が利くメロディーでグッと来る。
また、変な話が、加藤くんとトマルくんは以前一緒にバンドをしていたそうだ。嫉妬するから深くは聞かないけど、色んな前兆の元に3人は集まった気がする。

f0037239_19142073.jpg

てなわけで告知します。
是非、ライブハウスでこの青空を再現出来ればと思っています!


▼8月30日(水)吉祥寺Planet K
「吉祥寺ラプソディ vol.7 」
木村ひさしVo.GtとカトゥーSaxとトマルPerとかでやります。。

w/william/大森元気(残像カフェ)/高野健一/シガキマサキ

前売り¥2,000/当日¥2,500共にドリンク代別
開場18:30/開演19:00

【問合せ】Planet K 0422-21-7767
【木村ひさしinfo:hisa_coff@excite.co.jp】

f0037239_191515.jpg

子供たちも喜んでました!!!!!!





あっ!忘れてた。
この3人をマンチェスター・ユナイテッドで例えると
ボクがルーニーならば加藤くんはパク・チソン!
トマルくんはポール・スコールズ!
フィールドでプレーする位置を見れば納得出来るよ。




[PR]
by hisa_coff | 2006-08-22 19:28 | デイリー